医療法人社団 履信会 さっぽろ厚別通整形外科

お電話でのお問い合わせ 011-894-8887

文字の大きさ

外来案内

骨粗鬆症とは?

骨粗鬆症とは骨の強度(強さ)が低下し、骨折しやすくなる病気です。骨の強度は「骨密度」と「骨質」が関係しており、「骨密度」と「骨質」を改善することで、骨折を予防することが治療の目的です。骨は常に新しい骨が形成され、古い骨が吸収される代謝を繰り返していますが、年齢とともに骨の吸収が進行し、形成が追いつかなくなるため骨が弱くなってしまうケースがほとんどです。50代女性の9人に1人、60代女性の3人に1人、70代女性の2人に1人が骨粗鬆症と言われていますが、治療を受けているのはその2割にすぎません。60代からは背骨の骨折(脊椎圧迫骨折)、70代からはふとももの付け根の骨折(大腿骨近位部骨折)のリスクが高まり、これが健康寿命を損ねる大きな原因の一つとなるのです。

当院での骨粗鬆症の検査について

骨密度測定
最新の大腿骨近位部、腰椎でのDXA法 検査時間は5分程度です。
血液検査
薬物治療を行うにあたって腎機能、血清カルシウム濃度の測定や骨代謝マーカーの測定を行います。

骨粗鬆症の治療について

食事・運動・薬が3原則とされていますが、大切なのは治療の継続性です。骨密度だけでなく年齢、体質、骨折歴、生活スタイルなどを考慮し、患者様個人に合った治療を提案させていただきます。食事は栄養バランスの良いもので、塩分や脂肪分の多い物は控えて下さい。カルシウムだけでなく、ビタミンDやビタミンKを一緒に摂取することがのぞましいです。運動は筋力をアップさせて転倒を予防すること、骨に負荷をかけて強くすることを目的に行います。薬による治療は骨粗鬆症外来での検査結果をもとに、病気や身体状況を考慮して選択していきます。薬の効果には個人差があり、外来で定期的な検査を行いながら続けていくことが必要です。

各種ご案内

お問い合わせ

011-894-8887

診療科目

整形外科・リハビリテーション科

診療受付時間

月曜日~金曜日

午前
 8:30~12:00
午後
13:30~18:30

※リハビリ受付時間18:00まで

土曜日

午前
 8:30~12:00

※日曜・祝日・土曜日午後は休診

アクセス

〒004-0065
札幌市厚別区厚別西5条1丁目15-21

詳細はこちら>

PAGE_TOP

スマートフォンサイトへ