医療法人社団 履信会 さっぽろ厚別通整形外科

部門紹介

腰痛リハビリの流れ

運動療法の流れ

1.問診

現在の症状へ至った経緯、既往歴、痛みを悪化または軽減させる動作、職場環境など、腰痛に関わると考えられることについてお聞きします。 問診より、腰痛を生じている原因を推測し、体の硬さ、筋力の弱さや不均衡、姿勢異常などを評価していきます。 画像上、ヘルニアや脊柱管狭窄症が存在していたとしても、それらの病態が腰痛の直接的な原因ではないこともあります。

2.評価

姿勢や動作の観察、触診、腰部や股関節周囲の筋肉や関節の硬さ、筋力、神経症状の有無などを評価します。 評価結果をもとに、それらを改善する治療を考えていきます。

3.治療

姿勢指導、動作指導、ストレッチング、筋力トレーニングなど症状に適していると考えられる治療を組み合わせて行います。

4.自主トレーニング・姿勢・生活指導

姿勢や簡単な運動、生活指導などを行います。 症状の改善、予防を考えるうえで、自分で行える運動の継続や生活習慣の改善が大切であると考えています。

5.再評価

治療直後もしくは次回来院時に痛みが軽減しているか、痛みを増悪させる動作が楽に行えているかなど再び評価していきます。 結果に応じて、治療の再検討や継続などを判断します。

上記のような流れでリハビリテーションを進めていきます。
リハビリテーションのみでは、症状の改善が得られない場合もあります。 医師と協力し、薬物療法を併用しながら治療するなど、治療法を模索していきます。

部門紹介