011-686-8887

駐車場30台

アクセス
さっぽろ下手稲通整形外科 さっぽろ西野二股整形外科
外来案内

Close

電話

お問い合わせ等はこちらから

011-894-8887

受付時間
月~金曜日 8:30~12:00/13:30~18:30
(※土曜日 8:30~12:00)

外来担当医表
RESPONSIBLE TABLE

※表は横にスクロールできます。

診療時間
9:00~12:00
(受付8:30~)
桐田
松村
野口
桐田
桐田
藤部
井本 嘉野
藤部
交代制
14:00~18:30
(受付13:30~)
桐田 野口 桐田 井本 嘉野
手術 井/上/野 藤/嘉
井/上/野 藤/嘉/桐

※ 土曜日外来は交代制となります。また、出張医に変更となる場合がございますので、事前にご確認下さい。
※ スポーツ外来は毎月第4木曜日16:30~18:30までとなります。ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
※ 日曜日、祝日、土曜日の午後は休診となります。

対象疾患
TARGET DISEASE

  • 01.整形外科一般

    一般的に「整形外科ってどんな症状を見るの?」と、お問い合わせがよくあります。
    整形外科の対象となる症状は「運動器官を構成するすべての組織」です。
    つまり、骨・軟骨・筋・靭帯・神経器官の疾病・外傷が対象であり、とても幅広いものとなります。
    代表的な症状を挙げるだけでも、切り傷・すり傷・刺し傷、打撲、ねんざ、骨折、脱臼、関節痛、首の痛み、肩こり、頭痛、腕や手脚のしびれ、リウマチ、ヘルニア、骨粗鬆症、痛風など、これだけの症状が、整形外科が診る対象となっているのです。

症状について

当院に限らず整形外科は、高齢社会によって今なおニーズが増え続けています。
日常生活や不慮の事故で起こった幅広い症状を治すべく、当院は患者様が社会復帰するためのサポートを致します。

  • 01

  • 日常生活を送っているなかで、膝を動かすだけで痛みが出るようになった。

  • 02

  • 慢性的に腰や肩に痛みが続いている。高いところにある荷物を取るのが辛い。

  • 03

  • 自転車に乗っていたときに交通事故に遭って、骨折してしまった。

  • 診断について

    整形外科には、たくさんの治療法があります。例に挙げるだけでも、薬物療法・理学療法・運動療法・ブロック注射等の保存療法・手術療法・日常生活指導といった、医学的なエビデンスに基づいた治療の選択肢があるのです。
    当院は「地域のかかりつけ整形外科クリニック」として、患者様の社会復帰を念頭において、対話・説明責任をはたしながら治療致します。

    治療について

    整形外科が目指すのは「運動機能の回復」です。
    大きく分けると「保存的治療」と「手術的治療」という2つの治療方法が取られます。
    当院は、患者様にとって最善な治療結果となるように、現状・治療目標に合わせて、治療致します。

  • 02.外傷一般

    「身体のどこかが痛むのはわかるけど、原因が具体的にどこなのか、よくわからない…」 確信が持てずに悩むことほど、孤独で辛いものはありません。
    そんなときはまず一度、当院にご相談下さい。

症状について

整形外科において外傷とは「範囲外の部位が損傷すること」を指しています。
例えば、【頭部】頭骨、脳内、顔面・耳、鼻、のど、目【内臓】肺・気管支、胃袋、小腸大腸・泌尿器、生殖器の各器官は、基本的に整形外科が扱う範囲外とされています。
もし急激に運動が困難になる症状が起こったとしても、それを引き起こす原因は整形外科とはまた別の部位かもしれません。
例えば、体の動きが難しくなったとしても、実はその原因が「脳の出血や、肺など内臓器官の異常だった」というケースもあり得るのです。

  • 診断について

    症状の判別が難しく、お悩みの方もぜひ当院までご相談下さい。
    当院は近隣の医療施設、および札幌医大病院との医療連携をとっております。
    患者様の診断・治療において、精密検査や長期入院が必要な場合は、提携病院への入院のご案内や予約受診に必要な紹介状の発行などを行っております。

    治療について

    上記の「診断」で記したように、医療施設との連携によって治療致します。
    それぞれの施設と円滑に情報共有することで、患者様が完治して日常生活へと戻ることができるように、尽力致します。

  • 03.スポーツ外科

    現在ますます、日常生活でスポーツをしている競技人口は増加しています。
    プロスポーツ選手や全国大会を目指す若い世代から、健康維持のために取り組む老年世代まで、スポーツされる方ならば誰でも対象となります。
    年代・競技特性によって症状や傾向があるため、早期発見と治療が可能です。
    とりわけ、骨や筋肉が成長過程にある10代の方々と、長らく身体を使い続けてきた、老年世代の方々へ。
    どこかに違和感を感じたら、その症状と原因を見極めるサポートを致します。

症状について

スポーツによる外傷は、競技の特性によって傾向があります。下記はあくまで代表的な例ですが、体の一部に痛みを感じたらすぐにご相談下さい。

  • 01

  • 野球にて、投球動作の繰り返しによる肘・肩関節の痛み(野球肘・肩)

  • 02

  • サッカーなど、着地動作や急な方向転換による膝関節の痛み(膝前十字靭帯の損傷)

  • 03

  • ダッシュ・ボールキックによる骨盤の痛み(骨盤裂離骨折)

  • 診断について

    痛みの症状がある場合、まず問診や対象部位への触診によって痛みの程度を確認します。
    また、疑われる症状によってはレントゲンによる確認を致します。
    ただし、骨折や軟骨損傷など一回の撮影で症状判別が難しいケースもあるため、診察に時間をかける場合があります。

    治療について

    当院では基本的に、保存療法によって自然治癒を目指します。
    しかし、時に手術が必要とされるケースもあり、中長期的なリハビリテーションが求められることも考えられます。

  • 04.骨粗鬆症

    骨粗鬆症とは骨の強度(強さ)が低下し、骨折しやすくなる病気です。
    骨の強度は「骨密度」と「骨質」が関係しており、「骨密度」と「骨質」を改善することで、骨折を予防することが治療の目的です。
    骨は常に新しい骨が形成され、古い骨が吸収される代謝を繰り返していますが、年齢とともに骨の吸収が進行し、形成が追いつかなくなるため骨が弱くなってしまうケースがほとんどです。
    50代女性の9人に1人、60代女性の3人に1人、70代女性の2人に1人が骨粗鬆症と言われていますが、治療を受けているのはその2割にすぎません。60代からは背骨の骨折(脊椎圧迫骨折)、70代からは太ももの付け根の骨折(大腿骨近位部骨折)のリスクが高まり、これが健康寿命を損ねる大きな原因の一つとなるのです。

検査について

    • 01

    • 骨密度測定

    最新の大腿骨近位部、腰椎でのDXA法検査時間は5分程度です。

    • 02

    • 血液検査

    薬物治療を行うにあたって腎機能、血清カルシウム濃度の測定や骨代謝マーカーの測定を行います。

  • 治療について

    食事・運動・薬が3原則とされていますが、大切なのは治療の継続性です。
    骨密度だけでなく年齢、体質、骨折歴、生活スタイルなどを考慮し、患者様個人に合った治療をご提案させて頂きます。
    食事は栄養バランスの良いもので、塩分や脂肪分の多い物は控えて下さい。
    カルシウムだけでなく、ビタミンDやビタミンKを一緒に摂取することが望ましいです。
    運動は筋力をアップさせて転倒を予防すること、骨に負荷をかけて強くすることを目的に行います。
    薬による治療は骨粗鬆症外来での検査結果をもとに、病気や身体状況を考慮して選択していきます。
    薬の効果には個人差があり、外来で定期的な検査を行いながら続けていくことが必要です。

  • 05. 肩関節疾患

    肩まわりの症状は「四十肩」「五十肩」と呼ばれるように、中高年特有の症状と思われがちです。
    しかしこの箇所は、若年層でも過剰な負荷によるダメージを受けやすい繊細なものです。
    症状が顕在化しやすい分「症状と痛みのサイン」を見逃してはなりません。
    中高年世代では加齢によって肩周りの腱・関節が劣化し、症状発症につながります。
    若年層はスポーツなどで身体への負荷が掛けやすい分、体の使い方に注意が必要です。

症状について

肩に何かしら障害が発生していると、「肩が動かしづらい、硬い感じがする」 「動作時に痛みが発生する」「腕全体がだるい感じ・しびれる」「常に腕をさすらないと痛みが落ちつかない」「腕を上げたときに力が抜ける」 「痛みがある側の肩を下にして寝られない」というような症状が起こります。
肩関節の疾患は日常生活からスポーツまで、様々な場面で発生します。外観だけでは肩の腱や関節など、どこが痛むのか判断するのは困難です。一度の症状発症によって再発しやすくなるケースもあるので「どこに問題が発生したか、現状をつかむ」ことが重要です。

中高年世代に起こりやすい肩疾患

  • 01

  • 肩関節周囲炎(いわゆる四十肩、五十肩)・石灰沈着性腱板炎

  • 02

  • 腱板断裂・腱板炎・拘縮肩(五十肩のひとつ)

  • 03

  • 上腕二頭筋長頭腱障害・肩鎖関節障害・変形性肩関節症

若年世代に起こりやすい肩疾患

  • 01

  • 反復性肩関節脱臼・ルースショルダー・スポーツ障害肩

  • 02

  • インピンジメント症候群

  • 診断について

    まずは、問診や痛みがある部位を触診して痛みの程度を確認します。
    さらに炎症などの症状・部位を確認するために、X線(レントゲン)検査を行う予定です。
    再発を防ぐために、診断段階で詳細に症状を把握致します。

  • 治療について

    症状やその度合いによって以下の治療方法があります。また複数の方法を取ることも考えられます。

    01.投薬・注射 … 痛み止めの薬を内服、もしくは肩関節内に痛み止めの注射をします。
    02.手術 … 程度によって変わりますが、例として「肩関節鏡視下手術」「人工肩関節置き換え術」があります。
    03.リハビリテーション … 肩を痛みなく動かすためには、骨・関節・靱帯・腱・筋肉が協調的に働く必要があります。
    上記2つの治療法に加えてリハビリテーションによって、元の動きを取り戻すためのサポートを致します。
    以上のような治療の選択肢が考えられますが、中長期的なケアによって日常生活を送ることができるように治療を目指します。

  • 06. 脊椎変性疾患

    脊椎(せきつい)は、加齢や外傷によるダメージが発生しやすい箇所です。
    代表的な疾患としては「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症(足のしびれ・痛み)」があります。
    頚椎(首)と腰椎(腰)に症状が起こりやすく、重症化すると脚や泌尿器への影響につながりかねない重大な症状の一つです。
    首・腰に違和感があれば、早い段階で当院までご相談下さい。

症状について

症状の特徴を挙げると、軽度な場合では「痛みが表れない」もしくは「体の動かし始めだけ痛みがある」程度で収まります。
しかし、重症化すると「ズキズキとした痛みが続く」「手足・泌尿器の働きが悪くなる」「痛みで歩行と休憩を繰り返さないと歩けない(間歇性跛行、かんけつせいはこう)」という形で症状が現れます。
こうした状況では、首や腰の脊椎に大きな圧力がかかっている可能性があります。

脊椎の間にはクッションのような役割をもつ「椎間板(ついかんばん)」があり、加齢・老化によって変形しやすい部位です。
変形することで背骨に骨棘(こっきょく)という突起状の物体となり、神経や脊髄が圧迫されるようになるのです。
特に、足や泌尿器の動きが鈍くなっている場合は症状が重くなっているサインです。
痛みのせいで十分な運動ができないと筋力が衰え、今後の生活にまで支障が出てしまうので早期発見・治療が必要なのです。

  • 診断について

    X線(レントゲン)、もしくはMRIによる検査で診断します。
    基本的にはX線によって検査し、さらに神経や脊柱管といった細やかな箇所を診察する必要性がある場合はMRIを使用して、症状を判別致します。

  • 治療について

    無症状であれば治療する必要性はなく、しばらく経過観察を行います。
    症状が徐々に現れ治療が必要な場合は、以下のような治療法が考えられます。

    01.投薬・注射 … 痛み止めの薬を内服、もしくは仙骨ブロック注射を施します。
    02.手術の必要性がない場合 … リハビリテーションによる理学療法・コルセットによる安静、保存療法、飲み薬の服用
    03.手術の実施が必要になった場合 … 内視鏡を使用した低侵襲手術(脊椎を圧迫する箇所の除去)

    いずれの治療法を取る場合でも、患者様が普段通りの身体となるようなサポートをいたします。
    歩行障害や泌尿器活動に支障が起こり重症化する前に、当院までご相談下さい。
    早期に症状を発見し、普段通りの生活ができるように尽力致します。

  • 07. 変形性膝関節症

    大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)の表面にある軟骨がすり減り、関節炎や骨の変形を生じて、痛み、腫れなどが起こる病気です。
    平地での歩行は大丈夫でも、膝が痛く階段が上れない、歩行時の膝の痛みはないが正座は膝が痛くてできない、などが初期の変形性膝関節症の症状です。
    さらに変形性膝関節症が進むと、次第にO脚が進んでいき階段のみでなく平地での歩行にも支障が出てしまいます。

症状について

  • 01

  • 膝を動かしたときに痛みが起こる(動作時痛)

  • 日常生活のなかで膝を動かし始めるときに痛みを感じます。朝、起き上がるときの一歩め、長時間座っていた後の立ち上がりのときなどに痛みが生じます。
    痛みは膝の内側であることが多いです。動き始めると痛みが楽になることもあります。

  • 02

  • 膝の曲げ伸ばしがつらくなる(可動域制限)

  • 痛みや骨の変形のため膝の曲げ伸ばしの制限が生じます。日常生活では膝をピンと伸ばして立つことや正座、しゃがみといった動作がしづらくなります。

  • 03

  • 膝に水が溜まる (関節水腫)

  • 関節内には滑膜という組織があり通常でも水(関節液)を産生しています。軟骨がすり減る、半月板に傷がつくなど、膝のなかに異常が生じた場合に 滑膜は炎症を起こし滑膜炎という状態になります。滑膜炎になると水(関節液)が多量に産生され、吸収が追いつかなくなり膝の中に貯留します。 水(関節液)がたまると膝が腫れて、曲げづらい、重いといった症状が出ます。

  • 診断について

    変形性膝関節症の症状がある場合、レントゲンをとります。軟骨はレントゲンには写りませんので通常大腿骨と脛骨の間にはすき間がみられます。
    変形性膝関節症では軟骨がすり減ってきますので、関節のすき間(特に内側であることが多い)が狭くなったり、骨そのものに変形がみられたりします。
    骨の質や軟骨の状態を知るために、MRI検査を行うこともあります。

    治療について

    保存治療と手術治療があります。

保存治療

  • 薬物療法

    内服薬と湿布薬、注射の3種類があります。内服薬と湿布薬はいわゆる痛み止めの薬が入っています。
    注射はヒアルロン酸を使用し、直接関節内に注入します。
    腫れが強い場合はステロイドという薬を使用することもあります。

  • リハビリテーション

    可動域訓練と筋力訓練を行います。 可動域訓練は、痛みのために関節の動きが悪くなったり、動く範囲が狭くなったりした場合に、その動きを改善させるために行います。
    筋力訓練は、痛みのために歩行できなくなり膝周囲の筋力が衰えてしまった場合に、その筋力を回復させるために行います。
    リハビリテーションを行うと膝の可動性や支持性が増しますので、治療としてのみならず膝の変形を防ぐ予防法としても優れた効果が見られます。

手術治療

  • 関節鏡視下手術

    関節の中にカメラ(内視鏡)を入れて行う手術です。(滑膜切除、半月板切除)比較的軽症の変形性膝関節症に行います。
    傷のついた半月板や炎症を起こし増生している滑膜を切除します。
    すり減った軟骨を治療することはできません。
    術直後から歩行できますので短期間で退院できます。

  • 高位脛骨骨切り術

    脛骨(すねの骨)を切り骨の形を変えて膝のO脚を矯正する手術です。
    関節の内側がすり減っていて、外側には異常のない中等度の変形性膝関節症に行う手術です。
    変形性膝関節症になると膝の内側の軟骨がすり減っていきO脚に変形してきます。
    O脚に変形すると膝の内側にさらに負担がかかるようになります。
    この手術はO脚を矯正することで内側にかかる負担を軽減させるためのものです。
    術後は骨がくっつくまで2~3ヶ月要しますが、重労働やスポーツ復帰も可能になるほど回復する手術法です。

  • 人工膝関節置換術

    変形した関節の表面を、金属でできた人工の部品で置き換える手術です。
    膝全体の変形が強く、関節鏡でも高位脛骨骨切り術でも回復が望めない重症の変形性膝関節症に行う手術です。
    痛みを取り除く効果は高く、日常生活に支障をきたすことはほとんどなくなります(階段昇降、自転車も可能です)。
    しかし正座など膝を深く曲げることや激しい運動は制限されます。
    術後は1ヶ月程度で退院可能ですが、耐久年数(15~20年ほど)の問題があり比較的高齢者の行われる手術法です。

  • 脊椎が繋がる様子
  • 08. 腰部脊柱管狭窄症

    背骨は体幹の支持機能を担っていますが、その中に中枢神経である脊髄が通る構造になっています。
    背骨の中の脊髄の通り道を脊柱管と言います。腰椎(腰の背骨)での脊柱管を腰部脊柱管と言います(図A)
    この腰部脊柱管が狭窄し、脊髄神経が長期的に圧迫されることによって、下肢に神経性の症状を呈する疾患を「腰部脊柱管狭窄症」と言います。
    種々の原因で腰部脊柱管は狭窄するのですが、多くは腰椎のつなぎ目である椎間板・椎間関節・黄色靭帯の、経年的な変化・変性によって起こる同部の変形・増殖性変化による狭窄です(図B)

症状について

  • 01

  • 間欠跛行(かんけつはこう)

  • 「最近歩いていると腰から脚にかけてだんだん痛くなって歩けなくなる。少し腰を曲げて休むと良くなるのだが、歩き出すとまた痛みが出て長く歩けない…」
    といった症状です。 歩行や立位の継続で、お尻や下肢に痛みや痺れが出現・増悪してくる症状。座ったり、立ち止まったりと、休むことで症状が軽減するが、また歩行や立位を再開・継続すると同様に症状が出る。連続歩行が困難になるといった症状があります。

  • 02

  • 坐骨神経痛、大腿神経痛

  • 「お尻から下肢にかけて走るような痛みが続いていて」、「下肢にしびれを伴った痛みがある」などの症状です。 歩行・立位の継続に関わらず、脊髄神経の支配領域の疼痛が出現するものです。

  • 03

  • 下肢の感覚障害、筋力低下

  • 「足の裏の感覚がおかしい」、「すねの外側から足のしびれがある」、「敷居につま先が引っかかりやすくなった」、「スリッパが脱げやすい」などの症状です。
    脊髄神経の麻痺症状で、下肢の感覚障害、筋力障害が見られることがあります。

  • 診断について

    問診・触診から腰部脊柱管狭窄症が疑われる場合、画像検査を行うことで多くの場合確定診断されます。
    X線撮影で腰椎の形態・動きを評価しますが、それだけでは脊柱管の形態は描出できませんのでMRI撮影で脊柱管狭窄の有無を診断致します。

    治療について

    まずは薬物療法、理学療法(リハビリ)、ブロック療法などの組み合わせにて加療を行っています。
    当院ではマン・ツー・マンでの担当理学療法士による理学療法、特に運動療法(筋トレ、姿勢の教育など)に力を入れており、また、硬膜外ブロックや神経根ブロックなどのブロック療法を積極的に行っております。腰部脊柱管狭窄症は、全例が進行性の経過をたどるとは限らず、これらの加療で症状が緩解するケースが少なくありません。
    しかしながら、これらの加療にも関わらず症状が持続・増悪してくるケースがございます。
    その場合は手術加療が選択されます。手術によって脊柱管の狭窄要素を取除くものです。
    術式は狭窄の状況によっていくつか選択肢がありますが、当院では顕微鏡を用いて低侵襲な「棘突起縦割脊柱管除圧術」を主に行っております。

棘突起縦割脊柱管除圧術

背中に約3〜4cmの皮切で行います。手術用顕微鏡を用いて脊柱管を形成し脊髄神経の除圧を行います。
おおよそ1時間の手術です。翌日からコルセットを装用し歩行開始です。1〜2週間で退院可能です(下図:手術前・後のMRI)

  • 手術前のMRI画像

  • 手術後のMRI画像