011-686-8887

駐車場39台

アクセス
医療法人社団履信会法人概要
さっぽろ厚別通整形外科 さっぽろ西野二股整形外科
アクセス

Close

リウマチとは
ABOUT RHEUMATISM

リウマチとは一般的に関節リウマチのことを指し、免疫の異常で関節に炎症が起こり、主に手足の関節に腫れや痛みなどの症状が出ます。
炎症が悪化すると、骨や軟骨が破壊されて関節を動かすことができなくなり、日常生活に大きな支障をきたします。
全国で80万人程度いると推定され、女性に多く、30代~50代が最も多い年齢層です。
初期症状として、発熱やだるさ、食欲がないなどの症状が続いたり、朝方に関節の周囲がこわばることがあります。
以前は少しずつ進行する病気とされ治療法も限られていましたが、近年は治療薬の開発も進み、発症早期から積極的に治療することで症状を消失ないし大幅に抑えることが可能となっております。

リウマチとは

リウマチの原因
CAUSE

リウマチの原因には、ウイルスの感染、過労、ストレスなどが考えられます。
人間にはウイルスなどから身体を守る免疫があります。
この免疫が異常を起こし、本来守るべきはずである関節、組織、骨、軟骨などを敵と判断してしまい、攻撃して破壊するのがリウマチです。
なぜ免疫が異常をきたしてしまうのか、はっきりとした原因については特定できていないのが現状です。
遺伝や生活習慣(喫煙)、歯周病などが関与しているとの見方もあります。

リウマチの原因

リウマチの症状
SYMPTOMS

リウマチの症状

リウマチの初期症状は、関節に少しの痛みが出ることです。これは、本来免疫が守るはずである滑膜を破壊し始めていることから起こる症状です。
進行すると、腫れや激しい痛みを伴い、関節を動かさなくても痛みが生じたり、動かすこと自体ができなくなります。
特に手足の関節で起こりやすく、左右同時に症状が出ることが多いのが特徴です。また、発熱・だるい・食欲がないなどの症状が出て、関節の炎症が全身に広がることがあります。

リウマチの治療
TREATMENT

リウマチの治療は、患者様の状態や症状の進行状況によってさまざまです。
一般的に、薬物療法・手術療法・リハビリテーションの3つのいずれか、もしくは併用して行っていきます。

  • アイコン

    薬物療法

    薬物療法では、破壊され炎症を起こしている関節の痛みを緩和し、さらなる関節破壊の進行を防ぎます。

  • アイコン

    手術療法

    手術療法には主に2種類あります。

    ・破壊されてしまった関節を人工関節に置換する機能再建手術

    ・増殖してしまった関節の滑膜を取り除く滑膜切除術

    手術では患者様の状態に合わせて極力低侵襲を心がけています。生物学的製剤を使用するなど積極的な薬物治療に、手術も併用することで早期の機能回復を促します。

  • アイコン

    リハビリテーション

    リハビリテーションには、関節の可動域を広げ、血流を改善して筋肉のこわばりや痛みを除去していく運動療法と、温めることで痛みやこわばりを和らげる温熱療法などがあります。

治療の流れ
FLOW

予防について
ABOUT PREVENTION

リウマチについては、原因が特定されていないため、確実に予防する方法というのは今のところありません。
したがって、進行を遅らせることで悪化を防ぐことが重要になります。
以前は、リウマチの症状が大きく悪化するのに10年以上を要するとされてきました。
しかし、現在では2年程度で大幅に悪化するケースが確認されています。
この期間内に適切な治療をしなければ、いつ重症化してもおかしくないということです。
そのため、この期間内に早急な対策を行い、痛みなどの症状を感じない状態を維持し、日常生活への影響を最小限に抑えることが重要になります。

はっきりとした原因が特定できない以上、痛みやこわばりのない状態を末永く維持することが=予防になります。

担当医の紹介
DOCTOR

略歴

  • 平成14年

    札幌医科大学付属病院 診療医

  • 平成15年

    日鋼記念病院 診療医

  • 平成16年

    浦河赤十字病院 診療医

  • 平成17年

    釧路赤十字病院 診療医

  • 平成18年

    札幌第一病院 診療

  • 平成19年

    札幌医科大学附属病院 診療医

  • 平成20年

    札幌医科大学 大学院

  • 平成23年

    札幌医科大学整形外科学講座 診療医

  • 平成25年

    根室市立病院 診療医

  • 平成26年

    Mayo Clinic Orthopaedic department(アメリカ ミネソタ州)research fellow

  • 平成28年

    砂川市立病院 整形外科 医長

  • 平成29年

    千歳市民病院 整形外科 主任医長

  • 平成30年

    五輪橋整形外科病院 診療部長

資格

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 医学博士(2011年取得)
大木豪介医師

大木 豪介 医師

平成23年4月から2年間、札幌医科大学整形外科学講座関節リウマチ外来担当 兼 上肢チームリーダーとして高度専門医療に従事。
平成26年4月から2年間、アメリカメイヨークリニックでresearch fellowとして研究に従事。臨床のみならず、執筆活動も積極的に行っています。

患者様へのメッセージ

はじめまして、大木豪介と申します。
関節リウマチ、手外科を中心に整形外科全般の診療を行なっております。
診療の際には、常に患者様に寄り添った医療になるように心掛けております。
また、積極的にセミナーや学会などに参加することで、最新の治療方法を取り入れ、患者様に還元できるように努めております。
「症状は軽いが、家族にリウマチを患ってる人がいるので心配だ」、「他の病院ではリウマチではないと言われた」など、ご相談のみでも全然構いませんので、是非受診してください。

患者様へのメッセージ
]

手の外科のオペモデル
OPERATION MODEL

ばね指やドケルバン病などの腱鞘炎や手根管症候群といった疾患は、局所麻酔による日帰り手術が可能ですので、入院の必要はありません。
テニス肘や変形性肘関節症などは、関節鏡を用いた手術が可能ですので、1週間程度の入院で治療が可能です。
中高年の女性に多い母指CM関節症に対しては、関節形成術を行なっており、こちらも2~7日間程度の入院で治療可能です。